読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を片手に

見たもの、感じたことの記録です

名探偵ポワロ:スタイルズ荘の怪事件

ヘイスティングスの中尉時代、ポワロが亡命して間もない頃のお話。20年くらい前ですね。 第一次大戦中、傷を療養中のヘイスティングスは、友人のジョンに屋敷に招待される。 翌朝、年下の男性と再婚した夫人が発作を起こして死亡する。ヘイスティングスは近…

名探偵ポワロ:安いマンションの事件

マンションを借りに来たロビンソン夫妻。しかし、直前にエレベーターから降りてきた女性は名乗っただけで追い返されてしまう。 ポワロとヘイスティングスはパーティーでロビンソン夫妻と知り合うが、高級マンションを安く手に入れたことに疑問を持ち、夫妻と…

骨董通りの幽霊省/アレックス・シアラー

骨董通りにひっそりと佇む幽霊省。従業員4人と猫1匹。幽霊を捕まえるために200年前に創設されたが、結果を出せずにいた。 ある日、経費削減部のビーストン氏が訪れ「3ヶ月以内に結果を出せなければ幽霊省を廃止にする」と告げられる。これには職員も大慌て。…

名探偵ポワロ:二重の罪

面白い事件がなく、落ち込んで引退をほのめかすポワロ。ゆっくり休養するため、北部の街へとバス旅行に出かける。そこで2人はメアリーという女性と知り合う。昼食休憩を取っていると、彼女が届ける途中だった細密画を盗まれてしまう。興味を示さないポワロに…

貧乏お嬢さま、恐怖の館へ/リース・ボウエン

ラノク公爵令嬢のジョージアナ(ジョージー)は、英国王妃からアインスフォード公爵家の将来の跡継を教育するよう命じられる。 現公爵は若くはないのに跡継ぎを残すという義務を果たす気はなく、公爵未亡人も手を焼いていた。 称号を途絶えさせる訳にはいか…

名探偵ポワロ:消えた廃坑

夜遅く、銀行の頭取ピアソンがポワロを訪ねてくる。中国人のウー・リンから銀山の地図を買うことになっていたが、重役会に現れず行方不明となっていた。 翌日、チャイナタウンでウー・リンの死体が発見される。 ✩✩✩✩ タイトルの意味がよく分からなかった。廃…

絶品チキンを封印せよ/ジュリー・ハイジー

総料理長オリーの活躍4作目。 新しい大統領が誕生。今度の大統領には幼い子供もいる。ファーストファミリーに早く慣れてもらおうとするが、なかなかうまくいかない。そんな中、厨房で送り主が不明なチキンの箱を見つける。カードには「大統領の子供たちへ」…

名探偵ポワロ:ベールをかけた女

宝石強盗犯に一杯くわされたジャップ警部とは対照的に、事件がなくて暇なポワロ。そこにベールをかけた女性(レディ・ミリセント)から、昔の恋文のネタにラビントンという男に脅迫されていると相談を受ける。公爵と婚約中だそうで。ポワロとヘイスティング…

ヒア・カムズ・ザ・サン/小路幸也

東京バンドワゴンシリーズも10作目。 毎年恒例、春の風物詩となっております。 サチさんの季節感たっぷりの挨拶、家族の紹介、朝の食事風景、サチと紺の会話で1話の締め、などの「お約束」の場面を見ると、この世界に帰ってきたな~と思う。 朝の食事風景で…

猫は殺人事件がお好き/サム・ガッソン

元私立探偵の父親に憧れ、いつか探偵になることを夢見ている11歳の少年ブルーノ。愛猫ミルドレッドを溺愛しており、お手製の名刺と猫柄のニットがトレードマーク。いつも事件はないかと目を光らせている。ある日、向かいに住む友人の母親が殺されていた。ミ…

名探偵ポワロ:夢

パイ工場の社長のベネディクト・ファーリーからポワロに手紙が届く。 彼を訪ねると、毎晩拳銃自殺をする夢を見るという相談を受ける。 既に医者には相談済みだが、ポワロの意見を聞きたいと言われる。 翌日、ファーリー氏が夢と同じ形で死んでいるのが発見さ…

癒し屋キリコの約束/森沢明夫

数年前に昼ドラでやってたので、買った本。 タイトルからほんわかした作品かと思いきや、全然そんなことはなく・・・。 商店街の一角にひっそりと佇む純喫茶「昭和堂」。オーナーの霧子が淹れるコーヒーはとてもマズイらしい。店は雇われ店長の柿崎照美(カ…

名探偵ポワロ:二重の手がかり

「二重の罪」というタイトルの話もあって紛らわしいですね。 イギリス各地の貴族の館で起きている連続宝石強盗事件。ジャップ警部はその事件の糸口が掴めず、クビが危ういらしい。次の事件が起きるまで待つしかないというポワロ。その言葉通り、第4の事件が…

名探偵ポワロ:クラブのキング

ポワロはヘイスティングスに誘われ、映画の撮影所を訪れる。 そこでは撮影所のボスでプロデューサーのリードバーンが、主演女優のバレリー・サンクレアを怒鳴りつけていた。 その晩、リードバーンが自宅の書斎で死体で発見される。 第一発見者はバレリーだっ…

年寄り工場の秘密/コリン・ホルト・ソーヤー

シリーズ第7弾。 高級老人ホーム<海の上のカムデン>に長年住んでいたトッツィが、近くに新しくできた老人ホーム<黄金の日々>に引っ越した。 その3週間後、トッツィがアンジェラとキャレドニアの元に相談に訪れた。 どうやら<黄金の日々>に幽霊が出るら…

名探偵ポワロ:砂に書かれた三角形

休暇でロードス島へ来たポワロ。 同じホテルに泊まっていたチャントリー夫妻とゴールド夫妻が、食事の席で険悪なムードになる。 その後、和解するが、チャントリーの酒を飲んだバレンタイン・チャントリーが死亡する。 容疑者としてダグラス・ゴールドが捕ま…

乙女の読書道/池澤春菜

声優、歌手、茶芸師でSF読みの著者が贈る、書評集。 父である作家の池澤夏樹氏との親子対談も収録。 初めて(テレビで)お姿を拝見したのは大学の時。その時から本が好きな人だというのは知っていて、その方の本ということで迷わず購入。 まず、表紙の本棚が…

名探偵ポワロ:4階の部屋

ポワロの住むマンション、まさに「ポワロのお膝元」で起きた事件。 ポワロの2階下の部屋、36Bにグラント夫人が引っ越してきた。 ポワロは風邪をひき元気がない。そんなポワロを元気づけようとヘイスティングスは推理劇に誘う。 劇場でポワロの部屋の1階下の4…

クリスマスのシェフは命がけ/ジュリー・ハイジー

大統領の料理人シリーズ第2弾 今回はホリデイ・シーズン直前の、 一年で一番慌ただしい時期のホワイトハウス。 主人公オリーはエグゼクティブ・シェフになって 初めてこの時期を迎えて大忙し。 オープニングセレモニーでは全国から送られてくる 子供たちが作…

名探偵ポワロ:もの言えぬ証人

ヘイスティングスの友人チャールズが水上レースで記録更新に挑む。 それを見に、田舎を訪れたポワロたち。 あとは田舎でゆっくり過ごそうと思っていたポワロだが、その晩、チャールズの叔母のエミリーが階段から転落。 一命をとりとめたが、ポワロがエミリー…

名探偵ポワロ:ポワロのクリスマス

南アフリカでシメオン・リーがダイヤを掘り当てるところから話はスタート。 しかし、ダイヤを独り占めするため仲間を殺し、 持っていたダイヤには目もくれず手当をしてくれたステラから金を盗み、自分の好きに生きてきたシメオン・リー。 その40年後のクリス…

田中くんはいつもけだるげ/ウダノゾミ

8巻の今回はうっかりカラオケやら体育祭やらで頑張っちゃったり、恋の話があったりして意外に充実してる、ゆるにぶインセンシティブ・コメディ。 <登場人物> 田中:いつも眠そう、というか寝てる。「頑張る」という言葉とは無縁の男子高校生。 太田:大柄…

名探偵ポワロ:ゴルフ場殺人事件

ポワロはヘイスティングスとともにフランスのリゾート地、ドービルへ行く。 そこで出会った富豪のルノー氏は「詐欺に会い、命を狙われているので助けて欲しい」とポワロに依頼をしてきた。 翌日、ルノー邸へ行くと、ルノー氏は行方不明になっていた。その後…

名探偵ポワロ:ヒッコリー・ロードの殺人

ミス・レモンの姉が寮母を務める学生寮で盗難事件が頻発。 心配でミスが増えたミス・レモンのために、ポワロが協力を申し出る。 ディナー講演の名目で学生寮を訪れ、学生たちと話す。 翌日、シーリアが盗んだのは自分だと告白。盗難癖があるらしいが、すべて…

名探偵ポワロ:グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件

医者に2週間ほど静養するように言われたポワロ。海沿いの街へ行き、偶然出会った夫妻(興行主)に舞台に誘われる。 その舞台の目玉は、ヒロインが着けている皇帝ゆかりの真珠のネックレスだった。 本番後、鍵付きの宝石箱に入れ、パーティへ。しかし、パーテ…

崩壊シリーズ「リメンバー・ミー」

俳優座劇場で上演中の舞台「リメンバー・ミー」観てきました。 <あらすじ> 舞台監督の杏里と座長の栗須は結婚を決意する。しかし、杏里の父親は猛反対。 なんとか説得しようとするが、結婚の条件を付けられてしまう。 「俺を泣かせてみろ」 1年ぶりに再会…

名探偵ポワロ:死人の鏡

競売所でお目当ての鏡の落札ができなかったポワロ。その鏡を落札したのはシェブニックス氏だった。 尊大な態度で、「詐欺にあった」と名刺を無理やりポワロに手渡し、屋敷に来て欲しいと告げる。渋々だったが、ヘイスティングスとともに彼の屋敷を訪れる。 …

ピーナッツバター殺人事件/コリン・ホルト・ソーヤー

シリーズ第4弾。 ある日、線路脇で男性が死んでいるのが発見された。 被害者はどうやら<海の上のカムデン>の入居者と親交があったようで、ホームの人たちに生前の被害者の様子を聞いて欲しい。 そうマーティネス警部補に頼まれ、嬉々として聞き込みを開始…

名探偵ポワロ:イタリア貴族殺害事件

ミス・レモンは恋人であり、イタリア伯爵秘書のグレイブス氏をお茶に招待する。グレイブスは、伯爵が事件に巻き込まれているとポワロに打ち明ける。その後、ポワロとヘイスティングスが知人の医師と食事中に、伯爵から助けを求める電話が掛かってくる。3人が…

名探偵ポワロ:なぞの遺言書

ヘイスティングスとともに友人のアンドルー宅に滞在することになったポワロ。 アンドルーは遺言を書き換えようとしており、その執行人をポワロに依頼していた。友人の娘である、バイオレットに全財産を譲ることをポワロに告げる。その翌朝、彼が離れで死んで…

菜の花食堂のささやかな事件簿-きゅうりには絶好の日-/碧野圭

菜の花食堂で、月2回行われる料理教室。毎回1つの野菜をテーマに取り上げ、その野菜を使った料理を紹介している。そこで教えてくれる靖子先生は、日本のミス・マープルと評判らしい。 美味しいレシピと、ふんわり温かい日常ミステリーをどうぞ。 ✩✩✩✩ ・きゅ…

名探偵ポワロ:チョコレートの箱

ポワロの警察官時代の話。淡い恋の話もあります。 勲章を授与されたジャップ警部と共にブリュッセルに帰ったポワロ。久しぶりにかつての同僚と会うが、市長のサン・タラールはポワロに冷たくあたる。疑問に思うジャップ警部に過去の事件について語る。 当時…

タルト・タタンの夢/近藤史恵

商店街にあるフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」。 カウンター7席、テーブル5つのこぢんまりとしたレストランで、気取らない、本当にフランス料理が好きな人が集まる店。 スタッフは4人。 三船忍:料理長。髪を後ろで束ね、無精ひげを生やした無口な…

氷の女王が死んだ/コリン・ホルト・ソーヤー

シリーズ2作目(シリーズ名がよく分からないが)。 <海の上のカムデン>に新しく入居してきたエイミー・キンゼス。 彼女は誰彼かまわず当たり散らし、罵倒し、利己的で、人の話に耳を貸そうとしない嫌な奴。あっという間にみんなの嫌われ者になった。 そん…

ひとりぐらしも神レベル/カマタミワ

大好きなカマタミワさんのひとりぐらし本、第二弾。 一人暮らしをもっと楽しむために著者がやっていること、挑戦してみたことの結果が今回の内容。 相変わらず面白かった。 外で読むと危険なレベルで面白かった! 絵も言葉の選び方も大好き。 私も料理盛り付…

老人たちの生活と推理/コリン・ホルト・ソーヤー

高級老人ホーム<海の上のカムデン>から砂浜に降りる階段の下で、元図書館司書のスイーティーの死体が発見された。 彼女は<カムデン>の入居者の中で最もおとなしく、人畜無害な人だった。 彼女はなぜ死んだのか。 警察は役に立たないと判断した仲良し4人…

名探偵ポワロ:エジプト墳墓のなぞ

王家の谷でエジプトの遺跡を発掘する探検隊。 封印が解かれ、中に入った直後、 考古学者のウィラード卿が心臓発作で死亡。 メンハーラの呪いという迷信から ウィラード夫人はポワロに連絡を取る。 その後、関係者が次々に死亡。 夫人の依頼を受けてカイロに…

名探偵ポワロ::負け犬

ミス・レモンは催眠術をポワロにかけようとするが、 そこにヘイスティングスが翌日の予定を聞きに来る。 ヘイスティングスが友人のチャールズに招かれ、 ポワロと共にゴルフ大会に参加。 もっとも、ポワロの興味はチャールズの叔父、 アストウェル卿の美術品…

名探偵ポワロ:黄色いアイリス

レストラン「白鳥の庭」がロンドンにオープンすることを ヘイスティングスから聞き、 直後にミス・レモンがポストに入っていた 黄色いアイリスを手にやって来る。 それは2年前の未解決事件を思い出すものだった。 黄色いアイリスを「警告」ではなく、 「誰か…

名探偵ポワロ:スペイン櫃の秘密

あらすじ(AXNミステリーから引用) ポワロはオペラ劇場で旧知のレディ・チャタートンに、友人のクレイトン夫人が夫に命を狙われているらしいと言われた。ポワロは様子を探りにクレイトン夫妻が出席するパーティに出掛ける。だが、クレイトン氏は急な仕事で…

ペナンブラ氏の24時間書店/ロビン・スローン

2月に文庫になったんですね。 私が読んだのはハードカバーの方。 この本はジャケ買いでした。 表紙の梯子付きの髙い本棚、 棚いっぱいに詰まった本に惹かれて購入。 主人公は失業中の青年クレイ。 散歩中にふとしたことから働くことになったのは まったく繁…

月夜のかかしと宝探し/シャロン・フィファー

アンティーク雑貨探偵シリーズの4作目。 2015年にジュディ・ガーランドの晩年を描いた舞台 「End of the Rainbow」を観にいったときに 休憩中に読んでて、本の中にもジュディが出てきて ビックリ、ニヤニヤしてた思い出が。 フリーランスのピッカー(拾い屋…

厨房のちいさな名探偵/ジュリー・ハイジー

大統領の料理人シリーズ第1弾。 普段なかなか見ることのできない、 ホワイトハウスの厨房の中を見れる面白いシリーズ。 主人公はホワイトハウスの厨房でアシスタント・シェフとして働くオリー。 ある日、ホワイトハウスの敷地内に侵入者が。 たまたまそこに…

プラム・ティーは偽りの乾杯/ローラ・チャイルズ

お茶と探偵シリーズ第15弾。 ドレイトンに超高級なワイナリーでの試飲パーティに招待されたセオドシア。 弦楽四重奏団が奏でる音楽、行き交うセレブ達、美味しい料理のなんとも豪華なパーティで。 しかし、新作ワインの完成披露の際に樽から出てきたのは、姿…

名探偵ポワロ:雲をつかむ死

ポワロもミス・マープルも、だいぶ前に見てたネロ・ウルフとかも 実はドラマは気付いたときに見てるけど、原作は一切読んでいない。 なので、原作と比較して~とかではなく純粋にドラマ版の感想を。 今までに見たやつもこれから少しづつ更新していく予定。 …

アジアン・ティーは上海の館で/ローラ・チャイルズ

お茶と探偵シリーズ第16弾。 ハロウィン直前のある日、ギブズ美術館では上海からそのまま移設した18世紀の茶館のお披露目パーティが開催されていた。 セオドシアは、恋人のマックス(美術館の広報部長)とともに出席。 二胡の音色、銅鑼の音、激しく舞うドラ…

The Sparkling Voice II 3/10 13:30

The Sparkling Voice II ~10人の貴公子たち~ My初日。 元宝塚の5人の女性たちと 5人の男性ミュージカル俳優たちが ミュージカルのナンバーを歌い継ぐ舞台。 女性キャストが男歌を、 男性キャストが女歌を歌ったり。 前回はソロの方が多かったけど、 今回は…

ひとりぐらしもプロの域。

春なので、ひとりぐらしに関する本を。 カマタミワさんのブログのファンだったので即購入。 言葉の選択と笑いのセンスが好き。 体調が悪い時のこと、レシピ、 疲れきったときの自分のあやしかた、 他の人にはなかなか聞けないお金の話とか、 意外とお役立ち…

初めまして

はてなブログを始めてみました。 好きなものは読書、観劇、写真、海外ドラマ、ネットサーフィン・・・など。 本はいろいろ読みますが、コージーミステリーとコミックエッセイ多め。 ネタバレあるかも。 最近自炊を再開しました。今いろんなレシピを試してい…