読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を片手に

見たもの、感じたことの記録です

ピーナッツバター殺人事件/コリン・ホルト・ソーヤー

シリーズ第4弾。 ある日、線路脇で男性が死んでいるのが発見された。 被害者はどうやら<海の上のカムデン>の入居者と親交があったようで、ホームの人たちに生前の被害者の様子を聞いて欲しい。 そうマーティネス警部補に頼まれ、嬉々として聞き込みを開始…

氷の女王が死んだ/コリン・ホルト・ソーヤー

シリーズ2作目(シリーズ名がよく分からないが)。 <海の上のカムデン>に新しく入居してきたエイミー・キンゼス。 彼女は誰彼かまわず当たり散らし、罵倒し、利己的で、人の話に耳を貸そうとしない嫌な奴。あっという間にみんなの嫌われ者になった。 そん…

老人たちの生活と推理/コリン・ホルト・ソーヤー

高級老人ホーム<海の上のカムデン>から砂浜に降りる階段の下で、元図書館司書のスイーティーの死体が発見された。 彼女は<カムデン>の入居者の中で最もおとなしく、人畜無害な人だった。 彼女はなぜ死んだのか。 警察は役に立たないと判断した仲良し4人…

ペナンブラ氏の24時間書店/ロビン・スローン

2月に文庫になったんですね。 私が読んだのはハードカバーの方。 この本はジャケ買いでした。 表紙の梯子付きの髙い本棚、 棚いっぱいに詰まった本に惹かれて購入。 主人公は失業中の青年クレイ。 散歩中にふとしたことから働くことになったのは まったく繁…

月夜のかかしと宝探し/シャロン・フィファー

アンティーク雑貨探偵シリーズの4作目。 2015年にジュディ・ガーランドの晩年を描いた舞台 「End of the Rainbow」を観にいったときに 休憩中に読んでて、本の中にもジュディが出てきて ビックリ、ニヤニヤしてた思い出が。 フリーランスのピッカー(拾い屋…

厨房のちいさな名探偵/ジュリー・ハイジー

大統領の料理人シリーズ第1弾。 普段なかなか見ることのできない、 ホワイトハウスの厨房の中を見れる面白いシリーズ。 主人公はホワイトハウスの厨房でアシスタント・シェフとして働くオリー。 ある日、ホワイトハウスの敷地内に侵入者が。 たまたまそこに…

プラム・ティーは偽りの乾杯/ローラ・チャイルズ

お茶と探偵シリーズ第15弾。 ドレイトンに超高級なワイナリーでの試飲パーティに招待されたセオドシア。 弦楽四重奏団が奏でる音楽、行き交うセレブ達、美味しい料理のなんとも豪華なパーティで。 しかし、新作ワインの完成披露の際に樽から出てきたのは、姿…

アジアン・ティーは上海の館で/ローラ・チャイルズ

お茶と探偵シリーズ第16弾。 ハロウィン直前のある日、ギブズ美術館では上海からそのまま移設した18世紀の茶館のお披露目パーティが開催されていた。 セオドシアは、恋人のマックス(美術館の広報部長)とともに出席。 二胡の音色、銅鑼の音、激しく舞うドラ…