本を片手に

見たもの、感じたことの記録です

氷の女王が死んだ/コリン・ホルト・ソーヤー

シリーズ2作目(シリーズ名がよく分からないが)。

 

<海の上のカムデン>に新しく入居してきたエイミー・キンゼス。

彼女は誰彼かまわず当たり散らし、罵倒し、利己的で、人の話に耳を貸そうとしない嫌な奴。あっという間にみんなの嫌われ者になった。

そんな彼女が、体操用の棍棒で撲殺されていた。

大好きな警部補に直々に頼まれ、アンジェラとキャレドニアは大喜びで聞き込みを開始する。

 

 

✩✩✩✩

前回から数ヶ月しか経ってないのね。

事件起きすぎな老人ホームだな。

まあ、そうでないと話が始まらないんだけど。

 

今回はアンジェラが地下の倉庫に閉じ込められたり、インフルエンザに罹ったり、調査の合間にグローガンさんをアルコール依存性から救おうとしたり、大忙しの2人。

高級老人ホームでも、あまり使われていない場所はじっとりカビ臭かったりするのね。

アンジェラたちがあっちこっち動き回ってくれるから、ホームの裏側も見れて面白い。

 「そこまでやらんでも・・・」と思うことも多いけど。

 

アンジェラとキャレドニア2人の掛け合いが大好きで、読んでてニヤニヤする。

歳を重ねたからこその知識と経験から来る言葉は読んでて面白い。

若い人よりも死が身近な存在だからこそ、今を最大限に楽しみたいんだろうな。

 

美味しい料理、手入れされた庭、個性溢れる気の合う仲間たち、少しの冒険。

それらが全部揃ってて、何度でも訪れたくなる場所です。

 

【今回のツボ】

・キャルの雄叫び。

・警部補に止められたのに、2人共こっそり聞き込みをしてたこと。