本を片手に

見たもの、感じたことの記録です

名探偵ポワロ:4階の部屋

ポワロの住むマンション、まさに「ポワロのお膝元」で起きた事件。

 

ポワロの2階下の部屋、36Bにグラント夫人が引っ越してきた。

ポワロは風邪をひき元気がない。そんなポワロを元気づけようとヘイスティングスは推理劇に誘う。

劇場でポワロの部屋の1階下の46Bに住むパトリシアと友人たちを見かける。

パトリシアたちが劇場から戻ると、バッグに入れたはずの鍵が見つからず部屋に入れない。

仕方なくゴミ用のエレベーターで中に入るが、間違えて1階下の部屋に入ってしまう。

そこでグラント夫人の死体を発見する。

 

 

 

✩✩✩✩

イギリスだし、話的にも「4階の部屋」って、36Bのことだよね。

映像で度々出てくる部屋番号とセリフ見てるとややこしいな。

 

パトリシア、大音量の蓄音機でダンスを踊るのも、締め出されたときに夜中にも関わらず階段で大声で歌を歌うのも、ただただ迷惑でしかないと思ったけど

ポワロさんは違うのね~。

微笑ましそうに見てるし、チャーミングらしい。

ちょっとそんな風には見れなかったわ。

苦情入れても聞き入れてくれないしね。

女性だからだろうか。

紳士です。

 

前半30分で「事件の真相が分かった」って。

死体を発見してからは10分くらいだろうか。

早っ!超スピード解決。

いつの間に証拠を手に入れてたのか。

 

ポワロが風邪ひいたりすると、いつも謎の治療法が出てきますが、今回も。

洗面器にお湯を張って、頭にタオルを掛けて簡易サウナ?

あれで治るんだろうか。

ポワロの上気した顔と、いつも完璧に整えてる髪が乱れてるのが笑える。

 

やっぱり実際の事件に関わると風邪も治るのね。

探偵にとっての一番の薬は事件のようです。