本を片手に

見たもの、感じたことの記録です

名探偵ポワロ:あなたの庭はどんな庭?

フラワーショーで ポワロの名前を冠した新種のバラが発表になる。そこで出会った車椅子の老婦人に、種の袋を渡される。しかし中は空だった。不思議に思いながら帰宅すると、その老婦人からの手紙が届いていた。翌日、ポワロは老婦人を訪ねるが、既に毒殺されていた。

 

 

✩✩✩✩

ポワロがピンクの薔薇になる。記念に化粧品店でコロンを買って、上機嫌でウキウキとお洒落するポワロが可愛らしい。

 

手紙の送り主に会いに行くが、ヘイスティングスは花粉症のため、今回のお供はミス・レモン。頼りになるのよね~。いつものごとく大活躍。ミス・レモンは戦争中に遺体置き場で働いていたのか。何でもこなす有能な秘書ですね。

 

<登場人物>

アメリア・バロビー婦人:屋敷の主。ポワロに依頼

メアリー:バロビー婦人の姪

ヘンリー:メアリーの夫

カトリーナ:ロシア人のお手伝いさん

ルーシー:メイド

 

バロビー婦人の庭はポワロも感心するほど見事な庭。そこでマザーグースを歌いだすポワロ。ふと土を掘って埋められたベルを見つける。人の家の庭、掘るのか~。

この話のタイトルもマザーグースの一節ですね。

 

ヘイスティングスには留守番頼めないね。書類もきっちり整理してるのに、もうぐっちゃぐちゃ。払わなくていいって言ったのに払っちゃうし、そりゃ悲鳴もあげるわ。ミス・レモンもお冠です。

 

犯人はマザーグースの歌に出てくる通りメアリーでした。本当にへそ曲がり。全部バレてるのに往生際の悪い人だ。

前回に引き続き、こちらも死因はストリキニーネでした。かなり苦いらしい。結構かけてた気がするけど、本当に味に気づかないんだろうか。

魚屋の看板が可愛かった。

 

ヘイスティングスの花粉症は実は香水アレルギーだったんですね。ミス・レモンは仕事中にはつけない。常識だそうですよ、ポワロさん(笑)