本を片手に

見たもの、感じたことの記録です

シラノ・ド・ベルジュラック/ロスタン

光文社古典新訳文庫版。

 

ガスコン青年隊のシラノは剣豪にして詩人、優しくて強い軍人だが、ただ一つ醜くて大きな鼻がコンプレックスだった。そのため、ずっと恋心を抱いていた従妹のロクサーヌに想いを打ち明けることができずにいた。

ある日、芝居で見かけたクリスチャンに一目惚れしたロクサーヌは、シラノに協力を依頼する。

言葉の美しい人が好きなロクサーヌ。しかしクリスチャンは、見た目は美男子だが文才はなかった。そこでシラノは自分の言葉とクリスチャンの見た目の美しさ、2人でロクサーヌに想いを伝えようと申し出る。

 

 

✩✩✩✩

割台詞の文体が慣れるまでは読みにくいけど、慣れたらテンポよく読めた(たまに読み飛ばすけど)。

内容は古典だけど、今読んでも充分に面白い。

 

ロクサーヌ、文才のある人が好きな割に、話したこともないのに「髪が美しいから、言葉もきっと美しい」とか、ちょっとよく分からない。

言動がお嬢さまで、自分の周りに居たら振り回されて大変そう。

 

読んだあと、世界観に引き込まれてしばらく現実の世界に戻ってこれなかった。ここまで戻れなかったのは初めて。時代も17世紀のフランスだし、セリフ回しが粋。

心はイケメンのシラノの恋が哀しいというか、切ないラスト。最期までかっこよかったです。

これぞ純愛!という1冊。

 

あとがきが約80ページあることにビックリした。

注釈1つに1-2ページ割いてるものもあって、だいぶボリューミー。注釈に力を入れた感じ。後半場面ずれてるけど大丈夫だろうか(4刷ね)。

あとがきの中でネタバレしている箇所があるので、初めての方はお気をつけて(「この場面の伏線」とか普通に書いてる)。

わざわざ書かなくても自力でここに戻ってこれるのにな~。馬鹿にされてるんだろうか。