本を片手に

見たもの、感じたことの記録です

名探偵ポワロ::スズメバチの巣

ジョン・ハリソンは自分の婚約者モリーをポワロに紹介する。紅茶占いをするが、彼女のカップには彼女のものとは別の口紅がついており、暗雲を予測する。ハリソン、モリー、友人のクロードの三角関係が気になるポワロ。事件を未然に防ごうとする。

 

 

✩✩✩✩

今回はいつもとは違ったテイストの展開。

殺人事件は起きなく、死体も出ていない。

ポワロが気付いて動いてたから、ですけど。

 

冒頭から体調がすぐれず、病院行きになるジャップ警部。妙な味のするものを食べるなよ~。結局盲腸だったようで、術後にポワロたちに事細かに説明する場面も。

そそくさと席を立つポワロ。痛い話は苦手なんですね~。モルグは平気なのに。蜂のようにブンブンいうものも苦手なようです。

 

面白い事件がないとイライラするポワロ。

「夏祭りで事件でも起きれば機嫌も治るのに」とヘイスティングスも呟きます。

ポワロは紅茶占いもできるのね。口紅の色もすぐに判別。さすが、名探偵は違います。

 

あんな近くにスズメバチがいるって、随分剣呑な庭だな。愛着が湧くものなのか?

スズメバチに刺された時って、あれだけで済むんでしたっけ?死ぬやつだと思ってたけど。虫刺されの跡がプチっとできてるだけで(痛みはあるらしいけど)、薬もヨードチンキでいいらしい。

イギリスのものとは違うのか。

今回もヘイスティングスの時間稼ぎがあり、ヒヤヒヤします。

ヨードチンキの緑の小瓶がきれいだった。

 

主治医の杖の持ち手が髑髏って。あれ、カッコイイ。

カメラで撮ったのと写真に写ってるので向きが違うけどね。

 

ミス・レモンはフィットネスに通ってるのね。

ポワロも勧められるけど、「ポワロの体型は今が絶頂期」らしい。

 

いつもと違って事件を未然に防ぐパターンの今回。

探偵としても、事件が起きる前に防げるのは嬉しいでしょうね。

 

暴かれたとき、罪を犯そうとしていた人が見せた安堵の表情が印象的でした。

美しい庭で、たまに友人と過ごしながら静かに最期を待つんだろうな、と思わせる少し切ないラストでした。