本を片手に

見たもの、感じたことの記録です

名探偵ポワロ:白昼の悪魔

肥満による心臓負担と診断されたポワロは、ミス・レモンの勧めでヘイスティングスと共に南海岸に療養に訪れる。そこのホテルにはレストランで見かけた女優のアレーナ・スチュアートも滞在していた。

事件が起きる予感がしていたポワロは未然に防ごうとするが、意に反して殺人事件が起こってしまう。

事件の被害者はアレーナ。しかし、関係者全員には確固たるアリバイがあった。

 

 

 

✩✩✩✩

ポワロたちがチェックインするとき「どこかで見たホテルだな~」と思ってたら、以前テレビでやってて、途中から見た話でした。

冒頭の数年前の事件が伏線だったのね。

 

ヘイスティングスが投資したアルゼンチン料理屋でポワロ倒れる!

ご本人は全力で否定してますが、肥満だそうです。

見るからにポッチャリさんですけどね。

 

本土から島へ行くときに乗ってた、海上を渡る乗り物が面白い。あれ超楽しそう。

何ていうのかは分からないけど。

 

ヘイスティングスとは食事の量が違いすぎて食べにくそう。

イラクサ・ジュースにスチームボックス、低カロリーの物足りない食事。

美食家のポワロには苦痛ですね。

どうやら本当に耐え難かったようで、本土に行って栄養補給してました。美味しそうにパクパク食べて復活したようです。饒舌に事件の話もしてて、ご機嫌さん♪

 

全員にアリバイがある今回のトリックは、ポワロご自慢の灰色の脳細胞を使っても厄介なものだったようです。時間とタイミングとの勝負。かなり危険な賭けですね。

あんなに必死に走っててホテルの従業員が誰も気づかないのも、おかしな感じがしますが。

 

ポワロの肥満、誤診だったようですが、食中毒と肥満って間違えるものですかね。

ヘイスティングスが投資した店が原因で、14回目だそう。14回目でやっと営業停止処分・・・。

もう投資するのやめればいいのに(´・ω・)

 

【メモ】

肥満:obesity

肥満の:obese