本を片手に

読んだもの、見たものの記録です

名探偵ポワロ:鳩の中の猫

名門女子校のメドウバンクを訪れたポワロ。友人である校長から「次期校長の人選に悩んでいるため、暫く滞在して助言をして欲しい」と頼まれ滞在する。

そんな中、みんなから嫌われていた体育教師のスプリンガーが体育館で槍に突き刺されて死んでいた。さらにラマット国から来ていた王女が行方不明となる。

 

✩✩✩✩

冒頭、銃撃戦から始まって何の話か不思議に思いながらのスタート。

 

今回のポワロさんは、表彰式でスピーチ頼まれたり、後継者選びのお手伝い頼まれたり、女子校の授業を覗いたり(笑)してますが(しかもニンマリしてますが)、滞在中に殺人事件、誘拐事件、殺人未遂が起こってますけど大丈夫なんですかね・・・。

事件が起こって呼ばれたわけじゃないから、いいんですかね。

 

学校生活の中で教師陣と学生たちで対比になっていて面白いです。

好奇心の塊の学生たちは夜中にみんなで部屋に集まって、ガールズトークを始めるのに対して、教師陣は秘めた憎しみ、嫉妬、プライドを抱えていて陰と陽がはっきり別れています。

ラマットとか、諜報員とか、革命とか正直どうでもよくなってきますね。

寮母さんがけっこう好きです。

 

あの距離から槍投げて人を殺せるんですね~。

犯人ながら身体能力が素晴らしいです。

若い時からあれくらい出来ないと、やっていけないんでしょうかね。

 

謎解き、なかなか犯人を言わないポワロにイライラ。

関係ない話はいいから、はーやーくー!ってなる。

早送りしたくなりますね。

 

「王女の身代わりになってどこかに乗り込む」って「貧乏お嬢さま、古書店へ行く(リース・ボウエン)」を思い出した。

あれはドイツだったかな。

 

最後のジュリアへのプレゼントが相変わらず粋です。

良いのかどうかは分からないけど。

というかダメだろうな、たぶん。