本を片手に

読んだもの、見たものの記録です

名探偵ポワロ:杉の柩

婚約中のエリノアとロディ。ある日2人の元に資産家で寝たきりになっている叔母のローラに関する嫌がらせの手紙が届く。叔母の家に行くと、2人の幼馴染のメアリが帰ってきていた。彼女に心奪われるロディ。彼はエリノアとの婚約を破棄してしまう。

エリノアは手紙のことを叔母の主治医に相談し、彼はポワロに助言を求める。

 

✩✩✩✩

エリノアが死刑判決を受けるところから話はスタート。傍聴席にはポワロもいる。一体何が起こったのか。ここからエリノアの回想が始まる。

 

退屈しているらしいポワロさん。

手紙を見せられて殺人を予告します。

主治医はエリノアに好意を寄せいているようですね。

 

メアリは庭師の娘なんですね。

再会したロディたち。美しく成長したメアリを見て、サラッと乗り換える。なんなんだ、コイツ(`Δ´)!

 

看護師二人もね~。鞄置きっぱなしにしてて、モルヒネ失くなってるのに「深刻になっちゃダメ」って・・・。いやいや、もっと慌てようよ。そんなもので良いのかな。

普通に世話しつつも本人がいないところでは陰口叩いてたり、少し馬鹿にしているような言動で嫌な感じ。

 

メアリを殺したいほど憎むエリノア自らサンドイッチを作り、図書室で振る舞ったあとメアリが死亡する。この時のメアリを見つめるエリノアの顔が怖い・・・。綺麗な人だと余計に怖いですね。

 

てっきりサンドイッチに毒を仕込んであると思ったら、お茶だったのか。犯人自らも飲むけど、後から吐剤を投与。間に合わなかったらどうするんだろうか。2回も飲んでるし。危ない橋を渡っておられる。

ポワロは出されたお茶をすり替え、飲んだふりしてフラフラしながら聞き出し自白させる。流石です。

 

結局、遺産目当ての犯行だったようで。婚約者が他の女に気持ちが傾いてたり、婚約解消したりゴタゴタしてたのに一連の犯行とは一切関係なかったのね・・・。あれだけ色々起きてたら何か関係ありそうですが。ビックリです。

エリノアが犯人かも。と思わせるための伏線がいっぱい散らばっていて、彼女にとっては不利な状況ばかりで騙されます。

冷静に考えたら分かりそうでも、彼女の行動、人生に目がいって気を逸らされるし。

 

最後バタバタしてましたが、エリノアは事件からも、失恋からも救われるようでよかったです。

 

【メモ】

cypress:イトスギ(喪・哀悼の象徴)