本を片手に

見たもの、感じたことの記録です

名探偵ポワロ:ポワロのクリスマス

南アフリカでシメオン・リーがダイヤを掘り当てるところから話はスタート。

しかし、ダイヤを独り占めするため仲間を殺し、

持っていたダイヤには目もくれず手当をしてくれたステラから金を盗み、自分の好きに生きてきたシメオン・リー。

 

その40年後のクリスマス。

 

ウキウキしながら料理を用意するポワロ。そんな中、肝心のセントラルヒーティングが故障。ちょうどその時、シメオン・リーから「命の危険を感じる」と依頼を受ける。

セントラルヒーティングに釣られるポワロ(笑)

屋敷に行くと、シメオン・リーの息子や孫、使用人たちが集まっていた。

一同を前に、遺言状を書き換えると発表。

その後、彼の部屋から凄まじい物音がする。

ドアを押し破ると、血を流して死んでいた。

 

 

✩✩✩✩ 

相変わらず登場人物多いな。

 

横暴で高圧的なシメオン・リー、めんどくせえ爺さんだな。

しかしあのトリック、上手くいく確率低い気がする。

あんなにゴチャゴチャしてたら途中で引っかかりそうで・・・。

息子を使っての40年越しの復讐。

罰を受けるのは息子の方だけど、それで「やり遂げた」でいいんだろうか。

 

ジャップ警部からのプレゼントに喜ぶポワロ。

開けてみると警部の奥様作の手袋。

顔が硬直するポワロが可愛い。

 

セントラルヒーティングが壊れてなかったら行かなかったよね。

一人で暖かい部屋でチョコを食べながらゆったり読書。

こんな過ごし方もいいよね。かなり楽しそう。

 

【今回疑問に思ったこと】

最初の車椅子から降りて自分で歩いてたのは何の意味があったのか。

女性たちの靴が、雪の中普通のパンプスで大変寒そう。

あの時代はこれが普通だったのだろうか。