本を片手に

読んだもの、見たものの記録です

乙女の読書道/池澤春菜

声優、歌手、茶芸師でSF読みの著者が贈る、書評集。

父である作家の池澤夏樹氏との親子対談も収録。

 

初めて(テレビで)お姿を拝見したのは大学の時。その時から本が好きな人だというのは知っていて、その方の本ということで迷わず購入。

まず、表紙の本棚が素敵すぎる。まさかの私物。本の収納場所に困って買うのを悩んだり、電子書籍で買ったりしてるので、壁一面の本棚は憧れです。

 

この方の文章は軽快で読みやすい。インプットとアウトプットは全くの別物ですね。何冊読んでても、こんな風な文章は私には書けない。文章からも、幼少の頃のエピソードからも、活字中毒、本当に本が好きなんだな、ということが覗えます。

 

紹介している本は、主に翻訳もののSFとファンタジー。SF多め。

ファンタジーは好きだけど、SFは何となく苦手意識があってあまり読まないで来た。

でも、この本を読んだら「ちょっと読んでみようかな」「面白いかも」と思う本がいくつかあって、本屋に行った時にSFの棚の前で立ち止まることが増えた。

まだ増えただけで買うまでは至ってないけど・・・。

結局、私の手が伸びるのは翻訳ミステリーのようです。

図書館で借りて、一歩踏み込んでみようかな。

 

昔からマルチタスクで動いているらしい著者。仕事、ほかの趣味をこなしつつ読書。どうやったらこの読書量をこなせるのか。行きつ戻りつで読むのが遅いのよね~、私。羨ましい限りです。

 

「ジャンルを拡げてみたいけど、何から読んでいいか分からない」という方は参考にしてみては如何でしょうか?

 

最後に1つだけ。「本棚のサイズを考えて」と紹介している本があるけど、この本もなかなかです(笑)