本を片手に

読んだもの、見たものの記録です

名探偵ポワロ:戦勝舞踏会事件

戦勝記念日仮装舞踏会に趣いたポワロとヘイスティングス。そこで出会ったのは、クロンショー卿と恋人で女優のココ。ポワロは2人の口論を目撃する。彼らは、喜劇の一座に扮していた。日付が変わる頃、歓声が上がる中クロンショー卿の死体が発見された。その後、別の男性と帰ったココが、自宅で遺体となって発見される。

 

✩✩✩✩

今回は仮装舞踏会のため、仮装してるわ、仮面つけてるわで登場人物が把握しにくいです。何回か見ないと分からない。豪華だし華やかで見てて楽しいけども。

ピエロが出てくると、楽しい中にも不気味な雰囲気が漂いますね。

 

ポワロも参加した戦勝舞踏会で事件が起きたので、マスコミに突っ込まれます。しかも連続で殺人が起きるし。

 

死体の手の中はそれまで誰も調べなかったのだろうか。もっと早く調べればいいのに。なんであのタイミングなのか。

コールドケースとかCSIとか他のドラマ見てると、その場であちこち調べてるけど。時代的なものだろうか。

 

ポンポンは英語でもポンポン(Pompon)なんですね~、と思ってたらフランス語由来だそうです。

海外ドラマ見てるといろいろ勉強になりますね。面白いです。

全然聞き取れるようにはなってないけど(^_^;)

 

暗い事務所でラジオをつけて聞いているミス・レモンが何かの犯人のようでちょっと怪しい(笑)

 

いつもは屋敷に関係者を集めて種明かしをしますが、今回は関係者と共にラジオに出演し事件の真相を明かします。生放送で事件を解明するって面白いですね。